一般社団法人 日本肝胆膵外科学会

お知らせ

腹腔鏡下肝切除における前向き症例登録について

更新日時:2016年8月31日

一般社団法人日本肝胆膵外科学会
会員 各位

日本肝胆膵外科学会 理事長 宮崎 勝
日本内視鏡外科学会 理事長 北野正剛
肝臓内視鏡外科研究会 代表世話人 金子弘真

拝啓 晩冬の候、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。誠にありがとうございます。

さて、昨年11月11日に、本学会会員の皆様には、
腹腔鏡下肝切除においての前向き症例登録において、
本学会と肝臓内視鏡外科研究会と協同で行っていくことを決定した旨ご報告するとともに、
同症例登録へのご協力をお願いするお手紙を送付させていただきました。

このたび、同症例登録につきまして、本学会と肝臓内視鏡外科研究会のみならず、
日本内視鏡外科学会も協力することになりましたので、ご報告申し上げます。

また、同症例登録に関する研究計画書の研究協力施設の記載においては、
下記の様に修正されましたので、併せて報告申し上げます
肝臓内視鏡外科研究会ホームページにてダウンロードができます)。

≪修正後≫
肝臓内視鏡外科研究会の世話人および外科系関連学会の学会員に協力を要請し、
倫理委員会の承認がえられた施設より登録を開始する。

なお、改訂された研究計画書につきましては、研究協力施設以外の箇所も
修正されており、さらに患者同意書も改訂されておりますので、
再度のご確認をお願い申し上げます。

本件につきましてご高配をお願い申し上げます。

敬具

経過報告(2016年6月現在)

PAGE TOP